名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

富山県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント治療が可能な歯・顎の状態〜

 

インプラント治療が受けるためには、歯や顎の状態が適正のものでないといけません。インプラントは、健康な歯を削ったり、抜いたりする必要がないので人気の治療法ですが、口の中の状態がある程度、良くないとできないのです。つまり、顎の状態や歯の状態が悪いと、できなくなる場合があります。歯周病などの人の場合、治ってからでないと治療はできず、基本的に歯肉が弱い人は、細菌感染しやすいので、インプラントには向いていません。骨粗しょう症などの人も適していません。インプラント治療が可能な歯や顎の状態は、基本、成長期が終わってからになるので、成人でないとできません。年齢に特に上限はなく、糖尿病、高血圧症、心臓病、肝臓病、腎臓病、貧血などの血液疾患が重度でない限りは、とりあえず治療は可能となっています。すべての人が受けられるわけではありませんが、歯の状態と顎の状態が健康な人なら、インプラントは基本的に可能です。インプラント治療が可能な歯や顎の状態であるかどうかを調べるため、診査、診断においては、3次元で正確に確認できる歯科用CTや、デジタルレントゲンなどの機器を用いて精密検査を行います。

 

〜インプラントの際にありがちな事故〜

 

インプラント治療の際にありがちな事故と言えば、埋入後、2、3週間で歯が抜けてしまうというものです。初期の細菌感染より、こうした事故が起こり得ます。ヘビースモーカーや成人病罹患者は、このような事故が起こりやすいので、注意しないといけません。インプラントに負荷がかかりすぎていることが原因で、数年経ってから抜けてしまうという事故も報告されています。骨を増やす治療をしている人は、インプラント植立後、かぶせ物をした後にぬけてしまうという事故もありがちです。メンテナンスを怠ることで、アゴの骨が壊れてしまったり、感染症を引き起こすなどの事故もあります。最近では、顎の骨に金属の土台を埋め込む手術をする時、歯科医師のミスや技量不足による大量出血の事故もおきています。事故後、麻痺が残ったりするトラブルが相次いています。インプラント植立後、唇がしびれるという事故もありがちで、この場合、神経を傷つけたか可能性があります。術後に痛みや出血などを訴えるトラブルが多発していて、事故後の身体的症状としては、歯や口腔の痛み、腫れ、インプラント体の破損、化膿などが多く見受けられます。