名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

千葉県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラントは健康な歯を巻き込まずに治療できる〜

 

インプラントは、1本単位で埋め込むのでブリッジや総入れ歯、部分入れ歯のようなデメリットがありません。ブリッジ、総入れ歯、部分入れ歯などの方法は、健康な歯まで駄目にしてしまうリスクが高い治療方法です。一つの理由として、入れ歯は口の中が不衛生になりやすいので、歯周病で他の歯まで失ってしまうということがあります。インプラントの場合には、逆で歯周病になると長持ちしないために、口の中の衛生面に関心を持つようになります。インプラントを入れることで、口の中の清潔を保つことで、他の歯も失うリスクが減ります。また、健康な歯を巻き込む要因として、ブリッジなどで他の歯に負担をかけてしまうような治療法もあります。周囲の削った歯に痛みが出てしまうと、神経を取ってしまう処置が行われることもあり、良い歯まで巻き込んでしまうのです。インプラントは、高額で金銭面の負担や手術の怖さなどで踏み出せないという方も多いと思います。しかし、健康な歯まで巻き込んでしまう治療より、インプラントの方がいつまでも他の歯を健康に保つ秘訣になります。

 

〜インプラント治療後の腫れ〜

 

歯を失った場合にその歯を補う方法としてインプラント治療があります。インプラント治療では、歯を固定することができるので、入れ歯が外れてしゃべりづらい、噛みづらいといったような不便な状態を改善することや、健全な歯を削ったりすることなく義歯をつけることができるため、残っている歯を傷つけることでその歯が痛む、といった問題を回避することができます。インプラント治療は顎の骨にインプラントを埋め込む外科手術によって行うものなので、体にかかる負担が大きいと言われています。インプラント治療後には腫れたりするものなのでしょうか。基本的には治療後には、患部に痛みやしびれ、腫れといったものが出ることが多いと言われています。インプラントが顎の骨としっかり結合するために身体が反応しているためのようです。治療後に処方される薬を飲んでいれば、これらの症状は抑えることができると言われています。しかしながら、薬を飲んでも症状が抑えられない場合もあるようで、このような場合には患部に問題が起きている事がありえるので、治療を受けた歯科医院に相談に行くのが良いでしょう。