名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

神奈川県横浜市等のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント治療が不可能な歯・顎の状態〜

 

インプラントは、ブリッジなどのように他の歯に悪影響を与えることなく治療ができるので、近年注目を浴びている歯の治療方法となっています。ただ、インプラント治療はどんな人でも治療が可能かというとそうではありません。基本的に、歯茎の状態や歯の状態が健康でなくては、治療を行うことは困難だと言われています。具体的には歯茎に関しては歯周病の人が該当します。歯茎が弱っている、つまり歯肉が弱っていると抵抗力も弱くなっているので、インプラント治療ができないのです。歯周病と判断された人は歯周病が治らないとインプラント治療は受けることができないということになります。また、顎の状態によっても治療が不可能な場合もあります。それは骨粗しょう症と診断されている人です。骨がスカスカになっている人だとインプラントを支えるということが難しくなってくるので、治療は不可能となってしまうのです。また、顎の状態が思わしくなくかみ合わせが悪い人などもインプラント治療はできませんので、最初の診断の時にしっかりと確認をしてもらうことが重要となってきます。

 

〜インプラント治療後に起きる可能性のある問題〜

 

病気や事故、年を取ることで失われた歯を取り戻す方法としてインプラント治療が挙げられます。顎の骨にインプラントを埋め込むことで、義歯を装着できるようになる治療方法です。インプラント治療では、人口の義歯をつけることになるため、いくつか問題が起きやすくなっています。では具体的に、治療後に起きる可能性のある問題とはどのようなものがあるのでしょうか。よくあるものとしては、義歯が人工物であるため、一部が欠けたりすることや、義歯を固定している器具が緩んで義歯が外れやすくなったりすることです。治療直後には、インプラントを埋め込んだことによる痛みや腫れ、しびれといった症状も出やすいと言われています。また、インプラントを埋め込んだ部分は細菌の感染に対する抵抗力が弱くなっていると言われており、感染症になりやすくなっているとも言われています。このような問題を回避するためには定期的な検診が不可欠であるため、治療をした歯科医院から指定された定期検診は必ず受けるようにし、日々の手入れも指導された通りにしっかりと行うようにしましょう。