名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

沖縄県那覇市等のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜治療後はインプラント周囲炎に注意しましょう〜

 

インプラント治療をした後は、周囲炎に要注意です。インプラント周囲炎というのは、手術後、歯周病と同じような症状になる状態を指します。メンテナンスやケアが十分でないと、細菌が歯肉とインプラントの境目に入り込み、歯周病になってしまいます。最初は、インプラント周囲の歯肉から出血がみられるようになるのですが、酷くなると膿んできて腫れてきます。周囲炎が進行すると、インプラントを支えている骨がなくなってしまうこともあります。そうなるとインプラントを固定することができなくなります。インプラントが細菌に感染して歯周炎になると、治療しても中々完治できません。インプラント周囲炎は、痛み止めなどで誤魔化していると、顎骨骨髄炎に発展します。重度の感染症を起こすと、治療はお手上げになります。もし膿が出てしまい骨が消失する事態になった場合、感染除去の手術をしても、一年以内に、同じ部位に病気が再発する可能性があります。インプラント周囲炎を起こさないよう、治療後のメンテナンスが非常に重要になります。

 

〜「資格を取得している=安全な治療を受けられる」は間違い〜

 

よく医師を紹介するプロフィールに取得している資格を紹介している欄があります。確かに、その資格を見るとなんとなく知識も豊富で、適切な治療を行ってくれそうだな、と感じやすいでしょう。しかし、資格を取得しているから安全な治療が約束されるわけではありません。たとえば、看護師の免許をもっていても、資格取得と同時に家庭に入るなどして15年間看護師の経験を積まなかった人に、採血されると思うとどうでしょう。資格を持っているから採血をすることはできますが、15年間全く採血をしてこなかった人です。一方、看護師になって2年目でも、毎日のように仕事で採決を行っている新人看護師がいるとします。どちらの方が上手に採血してくれるでしょうか。もちろん、絶対に後者の方が上手とは言い切れませんが、経験は確実に後者の方が豊富で、色々な場面の対応も柔軟でしょう。資格はカリキュラムの消化や試験で知識を持っている物差しでしかありません。実務経験が必要なものであっても、それはあくまで課程の一部程度のものです。視覚を持っている持っていないだけにとらわれることなく、本当に信頼ができ技術も知識も経験も豊富な医師と出会えることが、安全な治療を受けられる第一歩と言えるでしょう。