名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

京都府のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜骨量が少ない方でも治療できます〜

 

ネットでインプラントについて調べる最中に、「骨量が少ないと治療できない」と書かれているのを目にしたことはありませんか。でも実際にはあきらめる必要はなく、骨量が少ない方でもインプラント治療ができます。歯科治療の技術は、日々、進化しています。古い情報を見て、「リスクが高い手術なのかな」と感じている方も多いと思いますが、成功するかどうかは担当の歯科医師も技術によっても大きく異なります。顎の骨が薄い方でも、インプラントが可能な名医を探せば安心して治療することができます。骨量が少ない方でも可能な治療方法として、OAM(大口式)インプラント法という術式があります。従来の方式ではドリルを使って骨を削り取るため、骨の幅が狭いとインプラントができなかったり、骨移植などの大がかりな手術が必要でした。OAM(大口式)インプラント法では、骨表面に小さい穴を開けて専用器具を使って少しずつ穴を広げてインプラントを埋め入れる、という新しい手法です。骨をあまり削らないため、出血や痛み、腫れなどの身体への負担も少なく、手術中にも不快な音や振動が少ないので手術に対する恐怖を感じる方にも優しい治療法です。

 

〜インプラントの形状にはいくつかの種類があります〜

 

インプラントの形状にはいくつかの種類がありますが、代表的なのがスクリュータイプです。形状としてもっともよくつかわれるのもので、ブレードタイプよりも埋め込む穴が小さいので、噛む力を効率よく骨に伝えられるメリットかあります。スクリュータイプには、直径が先端にいくほど細くなるルートタイプと、太さが変わらないストレートタイプがあります。シリンダータイプもスクリュータイプと並んで、インプラントの主流の一つの形状になります。ネジのらせんがついていない円筒形になっているのが特徴で、ネジのない形状になっています。手術する際、穴を開けて槌で打ち込むだけなので簡単にできるメリットがあります。スクリュータイプとともに主流の形状で、骨との結合性に優れています。ただ、初期の固定力が弱く、表面積がスクリュータイプと比較して小さいので、2回法に向いています。混在インプラント材料の主流で、2回法に適している形状です。インプラントの形状には、バスケットタイプもあります。外見はスクリュータイプに似ているのですが、中は中空で側面に複数の穴があります。この穴が高い結合力に貢献します。ただ、強度が弱いので、折れてしまう危険性があります。