名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

鹿児島県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜CTを撮る必要性について〜

 

インプラント治療の前にCTを撮る必要があるのでしょうか。これは必ずしもということではありませんが、CTで撮影したほうが、より詳しく口の中の状態をチェックできるのは確かです。CTを撮ることで、上顎、下顎の骨の3次元的構造や、骨の内部の神経や血管の走行を確認することができます。また、埋入予定部位の周囲の組織の状況をチェックできます。CT撮影すると、顎の3次元的解析が可能になるので、より安全で確実なインプラント治療ができることになります。CT撮影は、そういう意味で、インプラント治療において重要な役目を担っています。通常のレントゲンでは、骨の状態だけしか確認できませんが、CTスキャンなら三次元的に顎骨の状態を調べることができます。三次元的に骨を調査できれば、インプラント治療用の歯を設置する場所の確認をしっかり行うことができます。実際に設置できるかどうかを検討する材料になり、歯根を埋め込む際、神経を傷つける危険を回避することができます。CTを撮ると、神経の位置も確認できるので、安全なインプラント治療につながります。