名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

茨城県水戸市等のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント治療は痛い?〜

 

インプラント治療は痛くないのでしょうか。これは非常に気になるところです。大きな手術になるので、痛みについては気になるところですが、外科手術時の痛みについてはそれほど心配する必要はありません。手術をする前には、必ず痛み止めの注射をするからです。そのため、手術中の痛みはほとんどありません。痛みに敏感な人は、事前に麻酔をよく効かせて欲しいと伝えておくことです。どうしても痛みに不安がある場合は、点滴で鎮静薬を投与する静脈内鎮静法を利用するとよいでしょう。そうすれば、かなり痛みを感じにくくなります。痛み止めの薬を併せて投与すれば、さらに痛みを軽減することができます。インプラント治療については、術後の痛みも懸念されます。痛みが出るのは、インプラントを埋め入れる外科手術後2〜3日間、人工骨の移植後2〜5日間、抜糸時です。基本的に、術後は、痛み止めの服用薬が処方されるので、痛みを感じることは少ないのですが、埋め入れる本数が多く、骨移植の範囲が広かったりすると、痛み止めの効果が出ない場合があります。その場合、術後、7〜10日くらい痛みが出ることがあります。

 

〜インプラント手術は痛い?術後の痛みはいつまで続く?〜

 

インプラント手術は痛いのでしょうか。また、術後の痛みがいつまで続くのか心配になります。インプラント手術については、基本的に痛みは心配ありません。歯肉を切開して顎の骨にドリルで穴を開け、人工歯根を埋め込むので、かなり痛いのではないかと危惧します。しかし、インプラント手術は、痛みを軽減して受けられるようになっているので、手術中の痛みはほとんどありません。麻酔がきいた状態で行われるので、手術中の痛みはないと言っても言い過ぎではありません。専門の歯科麻酔医がいて、全身管理を担当してくれるところなら、痛みがなく、安全に治療を受けることができます。ただ、インプラントの術後に、痛みが生じることはあります。骨を増やす治療を行った場合や複数本のインプラントを埋入すると、術後、痛みや腫れが出ることがあります。術後の痛みはいつまで続くかというと、個人差はありますが、4〜5日で治まるのが普通です。痛みについては、鎮痛剤で治まる程度なので、それほど気にすることはないでしょう。しびれなどの麻痺の症状が強く出ていて、痛みが激しくて、痛み止めを服用しても痛みが治まらない場合は、早めに医師に相談することです。