名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

山梨県甲府市等のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラントは本物の歯に近い咀嚼力がある〜

 

部分入れ歯の場合は、噛む力が健康な歯に比べても30%〜40%程度に落ちるといわれています。最大の噛む力は、およそ50kg〜60kgと言われていますが、総入れ歯の場合15kg程度に落ちてしまうと言われています。入れ歯をしている方のおよそ80%もの人が入れ歯に対してなんらかの不満を持っているという統計もあります。要れば安定剤が非常に売れているというのは、TVCMなどを見ても想像がつくと思いますが、安定しないから安定剤が売れるわけですよね。インプラントはというと、本物の歯に近い咀嚼力がありますから、入れ歯のように違和感を感じたり、固いものや歯に詰まるものを食べることに躊躇しなくて済みます。部分入れ歯のブリッジをした場合には、約8年しか持たず、支えている側の歯が駄目になってしまう確率が高いのだそうです。インプラントは、見た目も良く噛んだ感じの違和感がなく、噛む力も自分の歯のように強いので、まるでインプラントが入っているということすら忘れて過ごすことができます。せんべいでもリンゴでもイカでも、なんでも躊躇することなく食べられるって実はかなり幸せなことなんですね。インプラントを入れれば、以前のように何でも躊躇なく食べることができるような毎日が戻ってきます。

 

〜インプラント治療の治療期間について〜

 

インプラント治療は見た目に普通の歯と同じような状態にできるので、入れ歯を嫌う人には非常に有効な治療方法です。上手く治療が行われればいろいろな意味でストレスになることも減るので、オススメの治療方法であるとはいえます。しかし、インプラント治療は非常に長い期間の治療を要します。それは人によって誰でもが同じというわけではなく、顎の骨の状態や歯肉の状態、患者さんによって違う治癒能力の違いによって、同じ治療を施したとしても人によって治療期間が変わってくるのです。早くても3ヶ月、平均すると半年、長い人なら1年はかかると思って治療にのぞんだほうが良いでしょう。ただ、治療期間が長いからといって毎日のように通わないといけないというようなことはありません。定期的に月に1回程度の通院を繰り返す程度で考えておいて大丈夫だと言えます。インプラント治療は全てが完了してもメンテンスのために年に何回か歯医者を訪れなくいてはいけません。インプラント治療を受けると手術を受けた歯医者とは長い付き合いになっていくのだいうことを理解しておきましょう。