名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

その他都内のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラントの魅力について〜

 

インプラントの魅力はどこにあるのかというと、長期間のかみ合わせの回復が期待できるところです。自然の歯と同じような機能が期待できるのも魅力で、インプラントなら、失った歯の本数に関係なく治療が可能です。自分の歯と同じように噛める喜びは大きく、見た目も自分の歯と同じような外観なので、審美的にも優れています。インプラントの場合、健康な歯を犠牲にする必要がなく、顎の骨と結合したインプラント体が、人工の歯をしっかり固定してくれます。インプラント体と顎の骨がしっかり結合することで、しっかりとした噛み合わせが実現できます。入れ歯では難しかった自分の歯のような感覚を取り戻すことができるのが、インプラントの最大の魅力です。インプラントにすると、入れ歯とは違った噛み心地を味わうことができます。入れ歯の場合、不安定で、どうしても違和感があります。しっかりフィットしないので、本来の噛む力の半分くらいになってしまいます。インプラントで人工歯を埋め込めば、本物の歯と変わらないくらいにしっかり噛むことができます。インプラントは入れ歯のように外れることがなく、歯が見えることを気にするストレスがないので、心身の健康にも貢献します。

 

〜歯の黄ばみ、変色の原因と予防〜

 

歯の黄ばみ、変色の原因は、主に外からの着色や黄ばみになりますが、内からの変色もあります。外から歯の変色の原因は、着色であり、飲食物などで歯の表面に着色汚れが付着することで起きます。コーヒー、ウーロン茶、紅茶、赤ワイン、ココアなど色の濃い飲み物を飲んだり、カレー、チョコレート、ブルーベリーなどの色の濃い食品を摂ると、変色しやすくなります。喫煙も歯の色にかなり影響します。外からの変色を予防するには、毎日の歯磨きが一番です。濃い色の物の飲食をしたときは、早めにしっかり磨くことです。着色汚れに対しては、研磨剤入りの歯磨き粉がおすすめです。抗生物質を服用した場合、象牙質に帯状茶褐色の色素沈着ができることがあり、歯そのものの色が変わるのが、内からの変色になります。妊娠中の母親が抗生物質を服用すると、生まれてきた子供の歯が変色することがあります。ホルモン異常、栄養障害、高熱、虫歯の治療で神経を除去したりしても歯は変色します。歯の黄ばみは、加齢も関係していて、歳を重ねると徐々に濃くなります。内側からの歯の変色に対しては、歯磨きだけでは改善できず、歯医者でのホワイトニングが必要になります。キットを購入して自分で行うホームホワイトニングもありますが、確実なのは歯科医です。