名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

広島県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント治療後は、 メンテナンスやケアに手を抜かないで〜

 

インプラント治療後は、メンテナンスやケアに手を抜かないようにしないといけません。インプラントの寿命は、メンテナンスにかかっていると言っても過言ではありません。インプラントを長持ちさせるには、治療後のメンテナンスとケアがカギを握ります。メンテナンスを怠ると、インプラントトラブルのリスクを高め、無償で受けられるはずの治療を有償で受けることになってしまう恐れがあります。インプラント治療後は、自分で行うケアも大事です。歯磨きで口の中の衛生状態を保つことは、毎日欠かせません。この時、歯ブラシだけでなく、デンタルフロスや歯間ブラシを併用して、磨き残しがないようにすることです。インプラント歯周炎や歯周病、虫歯を予防するには、日々のケアが大切になります。インプラント治療後のメンテナンスは、口の中にトラブルがないかどうかを確認します。そしてレントゲン撮影で、顎の骨の状態を確認します。噛み合わせも確認します。噛み合わせが悪くなると、一定の歯に大きな負担をかけるからです。歯垢や歯石が蓄積してしまうと、インプラント周囲炎や歯周病の原因になるので、上部構造を外してクリーニングをすることもあります。

 

〜歯周病の原因と予防〜

 

歯周病の原因は、プラークや歯石で、プラークというのは歯に付着している沈着物です。プラークは細菌と産生物から構成されていて、強固に歯に付着します。歯石には、歯茎の上にできる歯肉縁上歯石と、エナメル質と歯茎の間にできる歯肉縁下歯石があり、いずれもプラークに唾液中のカルシウムやリン酸が沈着することで歯石になります。歯石にはプラークがつきやすいので、症状がどんどん悪化することで歯周病になります。歯並びが悪いのも原因の一つで、歯磨きが不十分になることでプラークが付着し、炎症が起きます。歯周病の原因は、病気との関連もあり、呼吸器系疾患、心疾患、糖尿病の人は要注意です。特に糖尿病の人は歯周病を悪化させる大きな原因になります。喫煙も原因の一つで、血管を収縮させ、歯茎の血行を悪くさせるので、歯周病になりやすくなります。病気や生活習慣から歯周病になっている場合は、生活習慣を改め、病気を改善する必要があります。口腔内の環境悪化から歯周病になっている場合は、日頃の歯磨きや定期的な歯科検診を受けることにより、予防することができます。