名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

福岡県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント1回法手術と2回法手術〜

 

インプラント手術には1回法と2回法があります。1回法手術は、外科手術は1回のみで、インプラントを埋め込んだ後、一部を顎骨の外に出しておき、骨と結合させます。その後、外に出しておいた部分にアバットメントを装着して、人工歯を取り付けるという方法になります。1回法手術は、歯茎を切開する外科手術が1回で済むので、患者への負担が軽いです。また、人工歯が入るまでの工程が単純なので、費用も安く済みます。ただ1回法手術をする場合、十分な骨がないと困難です。2回法手術は、外科手術を2回行う方法で、最初にインプラントを顎の骨に埋め込んで、歯茎を閉じます。その後骨が結合するのを待ち、2回目の手術を実施します。2回目の手術の際、再び歯茎を切開して、アバットメントをインプラント体に装着します。2回法手術の場合、一度歯肉を閉じて、数ヶ月置くので、骨と強く結合するメリットがあります。感染するリスクも低いです。ただ、2回歯茎を切開しないといけないので、患者への負担は大きくなります。

 

〜歯ぐきを健康的なピンク色にするには〜

 

歯ぐきを健康的なピンク色にするには、どうすればいいのかというと、しっかり歯肉マッサージすることです。白くて美しい歯は魅力的ですが、それよりも大事なのが、ピンク色の歯ぐきです。歯を支えている土台となるのが歯ぐきなので、歯ぐきの健康は何より大事です。歯ぐきの色がくすんだり黒ずんだりしている人は要注意で、歯周病の前兆かもしれません。加齢からくる血行不良で色がくすむこともありますが、歯周病による黒ずみも考えられるので、早急に歯医者でチェックしてもらう必要があります。色素沈着や血行不良からくる歯ぐきの黒ずみに対しては、歯肉マッサージがおすすめです。簡単に自宅でできるので、日々のケアに取り入れるべきです。人さし指の腹を使って、円を描くようにして歯肉をマッサージしていくだけです。歯の根元を指でつまんで刺激を与えるのも良く、血行がよくなります。歯肉マッサージを毎日実践していると、歯ぐきが健康的なピンク色に変わってくるので、夜寝る前に、歯ぐきをしっかりマッサージしましょう。歯肉に特殊な薬液を塗ることで、歯ぐき本来の自然なピンク色にしてくれる審美歯科の歯肉ホワイトニングもおすすめです。