名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

大阪府のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント義歯には審美性の高い素材がたくさん〜

 

「まだインプラントについて調べ始めたばかり・・・」という場合、インプラントにはどれくらいの種類があるのかどうかもまだご存知ないと思います。インプラントに使われる素材で最もオーソドックスなのはチタンで、「純チタン」、「チタン合金」、「チタン・ニッケル合金」などがあります。チタンのインプラント義歯のメリットは、骨との癒着度に優れており、価格がお手頃という点です。デメリットは、見た目や歯肉との生体親和性が低く、金属アレルギーを発症するリスクがあるということです。銀歯だけでは無く、インプラントでも身体に優しく審美性つまり見た目の良い歯にすることができる素材というのは色々あります。チタンの次に多いのは「人口サファイア」で「セラミック」とも呼ばれる種類ですが、最近は減少傾向にあります。例えば、「ALL人工ダイヤモンド製」の場合、金属アレルギーの発症も無く、歯茎との親和性が高く審美性が向上します。「セラミック系人工ダイヤモンド」や「ジルコニアインプラント」とも呼ばれ、見た目、強度、骨との癒着度、歯茎との生体親和性が一番、高い素材です。審美性に関しては、歯茎の黒ずみが起こらず歯茎から金属が露出しないので見た目がとても良いです。ジルコニアインプラント(セラミック系人工ダイヤモンド)が現在、インプラントの最高峰と呼ばれていますが、価格は一番高いです。

 

〜総入れ歯の方も、取り外し不要な歯になれる!【all on 4】〜

 

総入れ歯って、「食べても美味しくない」という方も多いですし、毎回洗うのが面倒だったり、口臭や歯槽膿漏の原因にもなってデメリットが多いです。総入れ歯の方も取り外し不要な歯になれるのは、all on 4(オールオンフォー)というインプラントの一種です。インプラントは、顎に支柱を埋め込んでセラミックなどの歯を埋め込む方法なので、取り外し不要と言いますか、自分の歯と同じように取り外すことはできません。噛む力も自分の歯と同じくらいなので、硬いせんべいも噛み切れないイカも躊躇無く食べることが可能です。通常のインプラントは、1本1本の歯の部分に支柱を埋め込む感じなので費用も高く、手術時間も長くなります。all on 4というインプラントの技術は、上あご全体とか下あご全体に一度に人工歯を埋め込むことで支柱の数を少なくする技法です。1本1本のインプラントより、費用も安く体の負担も少ないので、総入れ歯で悩んでいる方にオススメの歯科治療です。審美性が高く、見た目が普通の清潔感のある歯並びの良い白い歯という感じで、見た目はもちろん、気分も若返ること間違い無しです。