名医掲載の一時中止について

医業若しくは歯科医業又は病院若しくは診療所に関する広告等に関する指針(医療広告ガイドライン)に則した内容になるように、サイト全体の修正に伴い、一時的に名医の掲載をストップしております。

長野県のインプラント名医・専門医ランキング

インプラント治療の雑学コーナー

 

〜インプラント成功のためにも、歯周病の治療を受けましょう〜

 

インプラント成功のためには、歯周病の治療をしっかり受けることが大事です。インプラントは、外科治療の中では成功率がまだ高いものではないので、あらゆる事態を想定しておかないといけません。インプラントの治療前には、歯の状態をできるだけ万全にしておく必要があります。インプラント治療を行ったにも関わらず、インプラントが抜けてしまうことがまれにあります。その理由の一つに、歯周病があります。歯周病になると、再治療ができず、ブリッジや入れ歯の治療を行うことになります。選択肢を狭めてしまうことになるので、そうしたことが起きないよう、事前に対策をしっかり打っておく必要があります。インプラントは、顎の骨量が十分でないと治療ができません。顎の骨が十分でないと、安定性と安全性に欠けます。骨増大術や再生療法もありますが、こうした治療法は、豊富な知識と経験が必要になります。歯周病は、顎の骨が溶けてしまう病気です。歯周病になると、しっかり噛めなくなります。そのためインプラント治療をする場合は、その前にしっかり歯周病を治療する必要があります。治療成功のためには、歯周病の治療は必須です。

 

〜インプラントの構造について〜

 

インプラントの構造はどのようになっているのでしょう。インプラントは、人工歯根、人工歯、インプラント体と人工の歯を連結するためのアバットメントの3つで構成されています。歯肉の中に埋め込む人工歯根のフィクスチャー、上にかぶせる人口歯の部分の上部構造、そしてその2つを連結する土台部分のアバットメントでインプラントはできています。差し歯などのようにセメントで固定しないで、取り外しができるのが特徴です。上部構造は、インプラント体の上にかぶせる人工歯の部分になります。通常はセラミックで作り、埋入手術後、インプラント体が顎の骨と完全に結合してから装着します。ただ、口腔内の環境によって、埋入手術と同時に装着することもあります。フィクスチャーであるインプラント体は、顎の骨の中に埋め入れる人工歯根の部分になります。顎の骨の中に埋められているもので、骨とチタンが結合する作用で顎の骨と結合させます。アバットメントは、顎の骨の中に埋め入れたインプラント体と上部構造を連結する役割があります。骨とフィクスチャーが結合するまでは大体、数ヶ月要しますが、種類によっては1ヵ月半程度で結合できます。